「スカッとさわやか」コカ・コーラ ファン


A global leader in the beverage industry, the Coca-Cola company offers hundreds of brands, including soft drinks, fruit juices, sports drinks and other beverages in more than 200 countries. Coca-Cola is meeting the tastes of people

コカ・コーラ (Coca-Cola) は、ザ コカ・コーラ カンパニーが製造販売するコーラの名称である。別称、コーク (Coke)。ともに商標登録されている(日本の商標登録番号はそれぞれ第106633号、第421178号) 。

概略
World of Coca-Cola アメリカ合衆国 コカ・コーラのバン (シボレー・アストロ) 19世紀にアメリカ合衆国で発明された世界初のコーラ飲料とされる[1]。ジョージア州アトランタ発祥。現在も本社はアトランタにあり、同地にある「World of Coca-Cola」という博物館には多くの観光客が訪れる。博物館では世界各国のコカ・コーラの味を比較できる。 その原液は、アメリカ合衆国で調製されて世界中に広く輸出されており、世界各地のボトリング会社によってコーンシロップ、砂糖などで薄められ、更に炭酸水で割られて、瓶詰め・缶詰めされ販売される。風味はトップシークレットの香料7xと柑橘系およびスパイス系のフレーバー7〜8種類程度の配合によるものと言われる。 7xの成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。脱コカイン処理されたコカの葉が成分の一部として含まれる。 7xはレモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダー・(コカ)の6種(7種)をアルコールで抽出したものだと言われている。この7xとその他のフレーバーの配合レシピのことを「フォーミュラ」と呼ぶ。フォーミュラは1984年のカンザス計画によって1度だけ変更されたが、抗議運動により3ヶ月で元に戻されて以降は変更されていない(コカインとカフェイン量を除く)。コカ・コーラ社のフォーミュラは非公開であるが、真偽不明の情報がしばしば出回っている。かつてそれを基にしてOpen Colaという製品が作られたが、コカ・コーラの味を完全に再現することはできなかった。 コカ・コーラの名称の由来となっているのは、コーラとコカの葉(当時はほぼアフリカ産)を原材料に使っていたからである。ただし、どちらも現在のコカ・コーラの主成分ではなく、コーラの種も他のコーラ飲料と同様に風味にほとんど影響を与えない微量である。

歴史
コカ・コーラに関する都市伝説 コークロアも参照のこと。 コカ・コーラに関する都市伝説は数多い。民間伝承(フォークロア)とひっかけて、コカ・コーラに関する都市伝説を諧謔的にコークロアと呼ぶ(ブルンヴァン等)。 多くの都市伝説が根も葉もない噂なのに対し、コカ・コーラの場合そのほとんどが部分的に真実を含むのが特徴である。以下、代表的なコカ・コーラ伝説を解説する。コカ・コーラの瓶は女性のボディーラインを参考にした 瓶 1971年型シボレー・コルベット LT1 コカ・コーラの独特の「くびれ」のある瓶(コンツアー・ボトル)は、女性のボディーライン、または、この当時流行したスカートを参考にデザインされたものと言われているが、この話は事実ではない。 くびれを作った理由は、暗闇でも触ってすぐわかるようにするためと、1900年代初めにアメリカでは1,000種類以上の偽物が出回ったので、その類似品対策として、複雑な形の瓶にしたものである。 アメリカン・スポーツカーのひとつ、シボレー・コルベットの3代目(1970年代)モデルは、大胆に膨らんだ前後フェンダーとくびれたように見えるボディ中央部がコーラのビンを連想させたことからコークボトルというニックネームがある。 また、自動車レースフォーミュラ1のレーシングカーは、空気抵抗を減らすために後輪周辺のボディの形状がちょうどコーラのビンを連想させる絞り込まれた形であるため、これもまたコークボトルと称される。レーシングカーデザイナー、ジョン・バーナードが1983年のマクラーレンMP4/1で採用すると、またたく間にその形状は他のチームにコピーされ、現代においてはすべてのフォーミュラ1レーシングカーはコークボトル形状である。 ちなみに、ヴァージン・コーラのペットボトルのデザインは、女優パメラ・アンダーソンのボディラインを模して作られている。

コカ・コーラには辛口と甘口がある
コカ・コーラのガラス製瓶には、側面下部に四角型または丸型のへこみが刻印されていた。刻印が四角型の瓶は炭酸の強い「辛口」であり、刻印が丸形の瓶は炭酸の弱い「甘口」であるとする都市伝説がかつて存在した。 実際には、瓶の製造工場ごとに異なる刻印がなされていただけであり、コカ・コーラはリターナブル瓶であったため、ボトラーによる回収再使用過程において、刻印の異なる瓶が混ぜられて出荷されたものであった。この刻印は瓶表面にコーラのデザインをプリントするときに瓶成形金型の割り痕の上にプリント部がこないように方向を規制する為に使われていたものである。瓶製造メーカーの工場設備によって丸型・四角型のほうが固定しやすいといった違いがあったためである。ちなみに丸型が石塚硝子製、四角型が日本山村硝子製となっている。

サンタクロースが赤い服を着ているのはコカ・コーラのCMが元祖
サンタクロースが描かれたコカ・コーラのトラック サンタクロースの起源とされる聖ニコラウス(オランダにおけるシンタクラースの伝統的な装い) 『子供之友』1914年12月号に掲載されたサンタクロース この都市伝説によれば、サンタクロースはもともとの伝承では緑の服を着ていたが、コカ・コーラ社がCM(看板)でコカ・コーラのシンボルカラーである赤い色の服を着たサンタクロースを登場させたため、赤い服のサンタクロースが広まったことになっている。 しかし、現在のサンタクロースのイメージの元となったとされる、ニューヨークの画家、トーマス・ナストが19世紀に描いた聖ニコラウス像において、ニコラウスは赤いマントを羽織っており、このマントが変化してサンタクロースの赤い服になったのだという[3]。 また、1914年の日本の児童雑誌『子供之友』には、現代のサンタクロースと全く同じイメージの、大人の背丈で白髭に赤い服を着たサンタクロースが描かれている。さらに当時の輸出用クリスマス用品のサンタクロース人形もこの姿でもあった(当時の日本は、第一次世界大戦で疲弊した欧州に代わって、世界一のクリスマス用品生産国となっていた)。従って遠く日本にも伝わるほど定番となっていた赤い服のサンタクロースの姿を、1931年になってからコカコーラ社が広告に採用した、ということが事実である。


コカ・コーラ年表・日本編/The History of Coca-Cola in Janan
1956 昭和31年11月、高梨仁三郎社長、東京飲料株式会社設立
(現・東京コカ・コーラ ボトリング 株式会社)
東京コカ・コーラ株が初めてコカ・コーラ(米軍および一部民間用)を発売
1957 昭和32年5月8日、東京コカ・コーラが民間用コカ・コーラ発売
(農水省認可の大阪、名古屋等の大都市を含む96カ所で)
コカ・コーラ35円、瓶代は15円だった
6月、日本コカ・コーラ株式会社設立
9月、米軍の要請でファミリーサイズ(1PT.、26オンス・770ml)を発売したが、
不振のため翌年8月わずか285ケース売ったのみで販売中止
1958 昭和33年4月、東京コカで、ファンタ(オレンジ、グレープ、クラブ・ソーダ)
の製造販売を米軍+民間用で開始。7月、コーラ共に瓶代を15→10円に改訂した
12月、在日外国人および外人観光客に対するコカ・コーラの販売許可が農林省から出される
1959 昭和34年、小・中・高校へのコカ・コーラ大量無料サンプリング開始、
コカ・コーラのシロップ生産量が30億ガロン台に突入
1960 昭和35年日本コカ・コーラ、東京雪ケ谷工場で原液製造開始
9月、近畿コカ・コーラ ボトリング株設立。これにともない東京コカ・コーラは
販売権を譲渡し当地区より撤退する(以後同様に販売権を譲渡していく)
12月、北九州コカ・コーラ ボトリング株設立

1961 昭和36年10月、コカ・コーラの原材料輸入に関する全制限が撤廃(自由化)
また、販売箇所、広告活動などの諸制限もすべて廃止される
4月、コカ・コーラのマス・メディアによる広告活動が開始される
5月、中京コカ・コーラ ボトリング株設立
7月、富士コカ・コーラ ボトリング株設立
1962 昭和37年2月、利根コカ・コーラ ボトリング株設立
「スカッとさわやかコカ・コーラ」のCMがラジオで放送され全国に広まる
6月、長野コカ・コーラボトリング、仙台コカ・コーラボトリング、
北陸コカ・コーラ ボトリング株設立
8月、南九州コカ・コーラボトリング株設立
11月、みちのくコカ・コーラボトリング株設立
12月、三笠コカ・コーラ ボトリング株設立
キャッチ・フレーズ「Things Go Better With Coke」
(すべてはコークでうまくいく)を採用
1963 昭和38年1月、四国コカ・コーラボトリング、山陽コカ・コーラ
ボトリング、北海道コカ・コーラ株設立
8月、三国コカ・コーラ ボトリング株設立
プル・トップ型の缶および王冠が使用され始める
1964 昭和39年10月、東京オリンピック大会開催
コカ・コーラの全ボトラーズ連合してオリンピックにサンプリング協力
(※ペプシコーラ、(500ml)ファミリーサイズ発売)
12月、コカ・コーラ ホーム・サイズ(500ml)新発売(東京・長野・三国・利根)
1965 昭和40年8月、缶入りコカ・コーラ(250ml)50円で新発売
12月、コカ・コーラ ホーム・サイズ(500ml)を全国で発売開始
1966 昭和41年2月、近畿コカ美原第2工場、1分間750本のビン詰能力
(当時世界最高)4月、コカ・コーラ ボトラーズ育英資金制度発足
4月、北海道コカ、コカ・コーラ ホーム・サイズ(500ml)発売
6月、缶の開け方がリングトップに変更
“コークと呼ぼう、コカ・コーラ”キャンペーン開始
コカ・コーラのCMにジミー時田
1967 昭和42年、 コカ・コーラのCMに加山雄三。広告代理店は博報堂
缶入りファンタ(350ml)発売
1968 昭和43年、沖縄コカ・コーラボトリング株設立、日本で17番目
米国で、新しいコカ・コーラのトレードマーク”ニュールック”が
使用される(日本は1971年から)
コカ・コーラ「ミニボトル・プレゼント」実施
コカ・コーラのCMにフォーリーブス。
1969 昭和44年、コークCMにピンキーとキラーズ、ワイルドワンズ
1970 昭和45年「こんにちは、美しい日本(Keep Japan Beautiful)」
運動 (KJB運動)を開始
1971 昭和46年、トレードマークがディスク(円形)からスクエア
(正方形)の「ニュールック」が日本でも使用される。
スプライト(200mlビン)発売開始
7月17日、ホーム・サイズ(500ml)破びん問題で発売を一時中止
1972 昭和47年1月、ホーム・サイズ(500ml)発売再開
コカコーラとスプライトに350ml缶70円で新発売
CMは「コークの世界」
1973 昭和48年、コカコーラ・レギュラーサイズ35円→40円に値上げ
HI−C(255gおよび510g缶)発売開始
ドクターペッパーを東京コカがフランチャイズで販売開始
(※現在は東京、富士、三国、利根、沖縄の5コカ・コーラボトラ
ーズエリアで販売されている=The Archive of Softdrinksより)
1974 昭和49年9月、コカコーラ・レギュラーサイズ40円→50円に値上げ
ホーム・サイズも70円→90円に値上げ
石油ショックとインフレが世界をおそう
コカ・コーラ 1リットル・サイズ発売150円+ビン代30円(12月/長野コカ)
1975 昭和50年、コーヒー飲料、ジョージア(250ml)100円で発売開始
1976 昭和51年、東京で「コカコーラ300ml」瓶60円、長野で350ml瓶発売
10月、“Come on in.Coke”キャンペーン開始
1977 昭和52年、 東京、北海道、みちのく他でコカ・コーラ 1リットル・サイズ瓶150円で発売
1980 昭和55年4月、コカコーラ・レギュラーサイズ50円→60円に値上げ
同時にホームサイズも90円→100円に値上げ
コカ・コーラがモスクワオリンピックの公式飲料に
三国でコカ・コーラ500ml缶発売
1981 昭和56年、東京コカ・コーラ25周年記念復刻型300ml ボトルを100円で発売
他に2本紙箱入り、6本紙箱入り、24本木製化粧箱入り7500円を予約発売
栄養飲料 リアルゴールド、乳性炭酸飲料・アンバサ発売開始
コカコーラ500ml缶全国で発売
4月、“Yes,Coke Yes”キャンペーン開始
赤いだるま型コカコーラ「スーパー300ボトル」富士コカで発売開始100円

1982 昭和57年、赤いだるま型コカコーラ「スーパー300ボトル」100円で全国発売
利根コカ、20周年記念復刻型300ml ボトル発売
3月、コカ・コーラ1.5リットルサイズ瓶、東京コカ地域で限定発売
三国コカがコカ・コーラ1.5リットルサイズ・ペット(PET)ボトルを300円で発売
米国でダイエット・コーク発売
1983 昭和58年、コカ・コーラ1.5リットルサイズ・ペットボトル全国発売
5月、アクエリアス、6月、メロウイエロー(スーパー300ボトル)発売
1984 昭和59年、低カロリー飲料 コカ・コーラ ライト(1kcal未満)(スーパー300瓶)100円で発売開始
1985 昭和60年、“Coke Is It!”キャンペーン開始
チェリー・コーク(スーパー300ボトル)関東4地区で発売
1986 昭和61年、ザ・コカ・コーラ カンパニー100周年記念祭を
アトランタで挙行。東京・高輪でも100周年祝賀パーティー挙行
チェリー・コーク全国で発売(99年ぶりにコークの味を変更)
1987 昭和62年、“I Feel Coke!”キャンペーン開始 、トレードマーク
が波ライン「コンツール・カーブ」入りの四角いデザインに
「スカッと爽やか」から「爽やかテイスティ」に変更
「コカ・コーラ200ml」入り瓶、富士コカと東京コカ地区限定でテスト販売
日本コカ・コーラ社(株)創立30周年
190ml レギュラーサイズに赤ラベル新登場
チェリー・コーク販売終了
1989 平成元年、「コカ・コーラミディ500」みちのくコカで発売
コカ・コーラ ライト新フォーミュラで再発売
1990 米国「ワールド・オブ・コカコーラ」をアトランタに開設
1991 平成3年、コカ・コーラ(リフレッシュボトル)300ml発売
1992 平成4年、カフェインフリー・ダイエットコーク発売
年末、300mlリフレッシュボトルにサンタクロース・イラストボトル4種類発売
1993 3月、透明コーラ、「タブ・クリア」350ml缶新発売、富士、三国コカ他
平成5年、“Always Coca-Coka”キャンペーン世界同時スタート
アトランタ五輪記念250mlボトル4種類、三笠、中京コカ他で発売
1994 平成6年、70円試飲ワンウエーボトル250m発売、三国コカ他
全世界の清涼飲料水販売量において過去最高の46%のシェアを
しめる。 銀座に世界最大のコカ・コーラのネオンサイン完成
1995 平成7年 「1リットルおかえりボトル」5代目1000ml リターナブル
(再使用)ガラス瓶が復活、 山陽コカが発売。240円で50円戻る
ジョージア[ゾット]登場
1996 平成8年5月、「蔵王工場の全景イラスト入り落成記念ボトル」が
関係者に贈られた。190ml、台座付、仙台コカ
1998 平成10年、長野五輪記念コカ・コーラ190ml、JR松本駅や会場で発売、
また、この年のキャンペーンで当選者の名前入り空ボトルが当たった
4月、東京ディズニーランドで開園15周年記念ボトル3000本がキャストに当選
1999 平成11年7月1日、山陽コカと北九州コカが合併してコカ・コーラ・
ウエスト・ジャパン株が誕生、190ml 記念ボトルを関係者に配付
11月、福岡ダイエーホークスV1優勝記念のボトルが 福岡ドーム関係者に配付
12月、ミレニアム(2000年)記念復刻型300mlボトル、300円で全国発売
2000 平成12年5月、東京台場に 「ワールド・オブ・コカ・コーラ」を開設
コカ・コーラファイナルファンタジー250ml、105円で大阪・梅田で発売
190mlレギュラーサイズで、現行赤ラベルの次世代用新ボトル(9代目)が
中京、三国、沖縄、東京コカほかに登場。順次各地で新ボトル導入へ。
11月、福岡ダイエーホークスV2優勝記念のボトルが 福岡ドーム関係者に配付
2001 平成13年2月末〜3月、春のキャンペーン「No Reason、ココロが求めてる」
250mlボトルが東京・富士コカ地区で発売。桑田佳祐がCMソングを歌う
3月、大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のオープン記念の
190mlレギュラーサイズ・ボトルをプレ・オープン入場者3000人に配付
4月、初のオールアルミ製「ボトル缶400ml」自販機専用商品として新発売
6月、No Reasonキャンペーン第2弾・桑田ボトル250mlを全国発売。
7月、東京ディズニー・シーのオープニング記念ボトルが関係者3000人に配付
11月、日本マクドナルド30周年記念ボトルが荏田西店オープニングで配付
11月、ハリーポッターボトル缶500ml発売。ボトル缶で500mlは初
2002 2002年コカ・コーラは日韓共催ワールドカップのオフィシャル・パートナー
2月よりペットボトル各種、ボトル缶にワールドカップデザイン製品続々登場
3月、記念ガラスボトル第1弾・ACLプリント黄色いサッカーボール250ml
5月、記念第2弾は4種類。グループHの対戦3カ国の国旗がプリント。
5月、セブン-イレブンの「FIFAワールドカップ-チケットキャンペーン」で
「コンツアーボトル5種類ロゴセット」が5000名に当選。
6月、コカコーラとダイエットのボトル缶に275mlが120円で新発売。
11月、「ハリーポッター秘密の部屋」でボトル缶500mlほか缶・ペット発売
12月、ダイエット・コーク・レモンがボトル缶500mlが期間限定で新発売

2003 2003年コカ・コーラはCIを変更。コンツール・カーブ(新ダイナミック・リボン)
が復活、台湾やタイなど一部の国では新ご当地言語ロゴボトルが登場。
2月下旬東京で、400mlボトル缶に"SHOP NO REASON"堂本光一・東山紀之缶発売
3月、ボトル缶、缶、ペットほかコカコーラが新グラフィックで新登場。
4月、ケータイ・ボトル缶300mlで新登場。
6月、Aloha Bottles、アロハシャツ模様のボトル。コンツアーボトルでは
 オールシュリンク・ラッピングは日本初。100円
6月、バニラ・コカ・コーラ、500mlボトル缶で日本初登場!140円
6月、ダイエット・コカコーラケータイ・ボトル缶もニューグラフィックに変更。
7月、2Lペットボトルがニューグラフィックで季節限定の新発売。
2004 今年はアテネオリンピック・イヤーです。

※商品名がないものはすべて“コカ・コーラ”です。

 

コカコーラ15社一覧表

     

ボトラー名

製造所固有記号

住所

主な販売地

 

 

 

 

北海道コカコーラ

HSA・HOB・HS・AK

北海道札幌市豊平区清田1条1―2―1

北海道

みちのくコカコーラ

MHA・MAO・MAK

岩手県花巻市城内6番地6号

岩手・秋田・青森

仙台コカコーラ

SZA・SKO

宮城県仙台市宮城野区扇町1―33

宮城・山形・福島

利根コカコーラ(イーストジャパン)

EIB・EIW・EIB(TGO)・T

千葉県野田市中根310

千葉・茨城・栃木

三国コカコーラ(イーストジャパン)

ESA・MNI・MI・MN・S

埼玉県桶川市加納180

埼玉・群馬・新潟

東京コカコーラ(イーストジャパン)

ETA・N

東京都港区芝浦2―15―6

東京

富士コカコーラ

FEB・FSI・E・S・FCS

神奈川県海老名市上河内33

神奈川・静岡・山梨

中京コカコーラ

CTO・CNA・CT2・U

愛知県名古屋市東区砂田橋4―1―47

愛知・岐阜・三重

北陸コカコーラ

HTA・HMA・HTO・HT

富山県高岡市内島3550

富山・石川・福井・長野

三笠コカコーラ

MWA・MSI・MS

奈良県天理市嘉幡町643

奈良・滋賀・和歌山

近畿コカコーラ

KKY・KN・KAK

大阪府摂津市千里丘7―9―31

大阪・京都・兵庫

四国コカコーラ

SK1・SK2

香川県高松市春日町1378

香川・愛媛・高知・徳島

コカコーラウェストジャパン

WHO・WTO・WKI

福岡県東区箱崎7-9-66

広島・岡山・山口・鳥取・島根・福岡・佐賀・長崎

南九州コカコーラ

MOH・MMI・MKU・KU・MNK

熊本県熊本市南高江町3-5-1

熊本・大分・宮崎・鹿児島

沖縄コカコーラ

OUR・RN

沖縄県浦添市字伊祖672

沖縄


COPYRIGHT(C) コカ・コーラ ファン All Rights Reserved.

セミナー社長インタビュー結婚式場ハウスクリーニングElection glossary被リンクEdgewood募金・寄付宇宙体験!宇宙記念館SEO対策優良リンク婚活